映画

【和田誠氏追悼】

【和田誠氏追悼】 和田誠氏の、しゃれた軽いタッチで人物の内面まで映し出すようなイラストが好きだった。私の好みの本と氏のイラストの相性が良いのか、若い時に購入した本の装丁は和田誠氏のものがたくさんある。 その一冊に「お楽しみはこれからだ」とい…

【エリア・カザン、ジェームス・ディーン、そしてマーロン・ブランド】

【エリア・カザン、ジェームズ・ディーン、そしてマーロン・ブランド】 ジェームズ・ディーンは、エリア・カザン監督『エデンの東(1955)』で一躍スターの地位を不動のものとした。ジョン・スタインベックの原作だが、映画ではラストで牧師が、「カインは主の…

【トキワ荘の青春】

【トキワ荘の青春】 映画『トキワ荘の青春』をテレビBSでやっていた。盟主手塚治虫がアパートを去った後も、慕って集まる若手漫画家たちの兄貴分として、みんなの面倒をみた寺田ヒロオを本木雅弘が演じて、主人公として描かれている。 https://ja.wikipedia.…

なつかしの連続TV映画『Route 66』

www.youtube.com 『Route 66』は、昭和37年ごろNHKで放映された、なつかしの連続TVムービー。ロサンゼルスとシカゴを結ぶ大陸横断道路「ル-ト66」を、二人の若者バズとトッドがコルベット・ステイングレ-でドライブするロードムービー。 ナットキングコ-ル…

【ナタリー・ウッド不審死の今】

【ナタリー・ウッド不審死の今】 37年前の1981年、当時の人気女優ナタリー・ウッドが、水死事故で死亡とのニュースが流れた。43歳、事故死とされたが、一方で不審死との噂もあった。その後、2011年にロサンゼルス郡警察の殺人担当部署が再捜査を開始したとさ…

【映画備忘録18】

【映画備忘録18】 『3時10分、決断のとき』 "3:10 to Yuma" (2007/米) 逮捕された強盗団の大ボスと、その護送業務に参加した地元小牧場主。スケールのでかい大悪人と、良心、プライド、男の生き様という所でぎりぎりの抵抗をする小市民牧場主の間に微妙な共…

【映画備忘録17】

【映画備忘録17】 『ドンファン』"Don Juan Demarco" (1995/米) ドンファン (1995年の映画) - Wikipedia 興行成績が芳しくなかったのは、漁色家ドンファンの名に女性客が引いたからか。むしろ女性向きの上質なラブコメで、ジョニー・ディップは当然、マーロ…

【映画備忘録16】

【映画備忘録16】 『リバティーン』"The Libertine" (2004/英) リバティーン - Wikipedia 「諸君は私を好きになるまい。男は嫉妬し、女は拒絶し、物語が進むにつれてどんどん私を嫌いになる。淑女たちに警告。私はところ構わず女を抱ける。・・・」(冒頭独…

【映画備忘録15】

【映画備忘録15】 『レニングラード 900日の大包囲戦』 (”LENINGRAD”2009/英・露) 映画 レニングラード 900日の大包囲戦 - allcinema レニングラード包囲戦での民間人死者が、日米戦における日本民間人死者より多かったという事実に驚く。映画的には、な…

【映画備忘録14】

【映画備忘録14】 『プライドと偏見』"Pride & Prejudice" (2005/英) プライドと偏見 - Wikipedia 貧乏貴族でカイショなし老いぼれパパが、じつは一番ステキ・・・と言う話でもないかw まあ男子はキーラ・ナイトレイのアヒル口に感動し、そして、女子は必ず…

【映画備忘録13】

【映画備忘録13】 『ロビン・フッド』"Robin Hood" (2010/米英) ロビン・フッド (2010年の映画) - Wikipedia ラッセル・クロウのロビン・フッド。シャーウッドの森とか言葉だけは知っていたけど、なるほどこんな話だったのか。オバカ王ジョンとマグナ・カル…

【映画備忘録12】

【映画備忘録12】 『地獄の黙示録』"Apocalypse Now" (1979/米) 地獄の黙示録 - Wikipedia 202分とさすがに長く感じたが、いくつかのエピソードが復元されて、一種ロード・ムーヴィー的な見方もできる。いずれにしてもカーツ大佐は戦争という謎だな。 - 『ダ…

【映画備忘録11】

【映画備忘録11】 『道』"La Strada" (1954/伊) 道 (1954年の映画) - Wikipedia 粗暴な大道芸人のザンパノと、オツムが少々軽めの素朴田舎娘ジェルソミーナ。おもしろうてやがて哀しきフェリーニの名作に、ニノ・ロータの音楽が寄り添う。Ces't la vieをイタ…

【映画備忘録10】

【映画備忘録10】 『トラフィック』"Traffic" (2000/米) トラフィック (映画) - Wikipedia アメリカおよびメキシコで麻薬組織と闘う政府高官や末端の捜査員たち。三つの物語が平行して進む。メキシカン捜査官バビエルが、地味ながらカッコ良い、と思ったらや…

【映画備忘録09】

【映画備忘録09】 『パラダイン夫人の恋』"The Paradine Case" (1947/米) パラダイン夫人の恋 - Wikipedia ヒッチコック映画なのでサスペンスと思ってたら、本格的な法廷劇だった。グレゴリー・ペック、"男前"という言葉が似合う俳優が多くいた時代を代表す…

【映画備忘録08】

【映画備忘録08】 『カリガリ博士』"Das Kabinett des Doktor Caligari" (1920/独) カリガリ博士 - Wikipedia ドイツ表現主義の代表的な映画と言われている。そこで、表現主義をちょい調べてみる。最後のシーンに出てくる拘束衣って、なんか怖いな、本筋には…

【映画備忘録07】

【映画備忘録07】 『英国王のスピーチ』"The King's Speech" (2010/英) 英国王のスピーチ - Wikipedia 地味なテーマからこれだけの秀作を作れたのに敬意を。この感動の源泉は、英国王が吃音を克服したのではなくて、吃音が国王を乗り越えさせたというところ…

【映画備忘録06】

【映画備忘録06】 『泥棒成金』"To Catch a Thief" (1955/米) 泥棒成金 - Wikipedia ヒッチコックの才能が満喫できるコメディサスペンス。さりげないシーンで監督自身が登場するのは有名だが、同様ないたづら心いっぱいのユーモアが随所にちりばめられている…

【映画備忘録05】

【映画備忘録05】 『レディ・エージェント』"Les femmes de l'ombre" (2008/仏) http://mash1966.hatenadiary.com/entry/20090807/p1 Dデイ決行前夜、作戦の秘密を守るために、独占領下の仏本土に極秘ミッションで派遣される5人の女性エージェント。 女スパ…

【映画備忘録04】

【映画備忘録04】 『麦秋』(1951/日) 小津安二郎 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BA%A6%E7%A7%8B_(1951%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB) 名前だけはよく聞いていたが、小津安二郎の映画は初めて観た。伝説の女優、原節子も、じつは初めて。昭和日…

【映画備忘録03】

【映画備忘録03】 『ラストデイズ・オブ・サードエンパイア』"EDEL WEISS PIRATEN"(2004/独) https://plaza.rakuten.co.jp/kapon2/diary/200707200001/ ナチス・ドイツ陥落間際のケルン近郊で「エーデルヴァイス海賊団」と称する少年達の不良グループが、反…

【映画備忘録02】

【映画備忘録02】 『マーラー 君に捧げるアダージョ』"Mahler Auf Der Couch" (2011/独・墺) 邦題からは天才作曲家のラブロマンス風伝記映画という印象を受けるが、これはダメ。原題は「カウチベッドの上のマーラー」で、フロイト博士の診察室にあるボロいカ…

【映画備忘録01】

【映画備忘録01】 『地獄の戦場』"Halls of Montezuma"(1950/米) 太平洋戦線のどこかの孤島での上陸戦らしい。50年というとまだ終戦からあまり経ってない時期の映画で、ほぼ西部劇と似たようなプロット。インディアンの代わりに日本軍というわけだな(笑) htt…

【大物役者の訃報に接して】

【大物役者の訃報に接して】(2014.12.02) 高倉健、菅原文太という大物役者が相ついで亡くなった。テレビを点けているとご両人の追悼番組がいくつも流れる。 健さんは「映画役者」と自己認識してたそうだが、映画というものは、「有り得ないことを、いかにも…

【映画「ALWAYS 三丁目の夕日’64」をテレビで観た】

【映画「ALWAYS 三丁目の夕日'64」をテレビで観た】 https://ja.wikipedia.org/wiki/ALWAYS_%E4%B8%89%E4%B8%81%E7%9B%AE%E3%81%AE%E5%A4%95%E6%97%A5%2764 テレビでたまたま、映画「ALWAYS 三丁目の夕日'64」をやってるのを観た。この手のものを積極的に観…

【禁じられた遊び】

【禁じられた遊び】 ルネ・クレマン監督 ナルシソ・イエペス音楽(ギター) 初見は小学校の映画鑑賞、講堂のムシロ敷きに平すわりして団体で観た。当時は戦争という背景なども分らず、子供心に「なんでこんな暗い映画を見せるんだ」と怒ってたw 高校生ぐら…

【「悲しみよこんにちは」とよもやま話】

【「悲しみよこんにちは」とよもやま話】 NHK BSプレミアムで「悲しみよこんにちは」をやっているのを観た。フランソワーズ・サガンの原作も昔よんだが(もちろん朝吹登水子訳でw)、映画は1958年英米合作で、セリフは英語。モノクローム・ベースで、回想シ…

【『火垂るの墓』 野坂昭如原作小説とジブリ・アニメ版】

【『火垂るの墓』 野坂昭如原作小説とジブリ・アニメ版】 二年前にFacebookに書いたものが、浮き上がって来たので再掲してみる。 >> テレビでジブリ・アニメ『火垂るの墓』やってたので観た。どう見ても、お涙ちょうだい風に見えてしまうね。 実は初版のハ…

【ファティマの聖母】

【ファティマの聖母】 フランシスコ法王が、「ファティマの聖母」百年目の記念日に際して、ポルトガルのファティマを訪れたという。1917年5月13日、ポルトガルの小さな町ファティマで、三人の子供の前に聖母マリアが出現した。その後も数回、聖母は姿を現し…

【金閣炎上 水上勉と三島由紀夫】

【金閣炎上 水上勉と三島由紀夫】 *1950.7.2 [京都] 金閣寺が放火で全焼する。 1950年7月2日の未明、国宝の鹿苑寺舎利殿(金閣)から出火、金閣は全焼し、舎利殿に祀られた足利義満の木像など国宝・文化財もともに焼失した。不審火で放火の疑いありと捜索中…