【15th Century Chronicle 1441-1460年】

【15th Century Chronicle 1441-1460年】

 

◎将軍足利義教暗殺(嘉吉の乱

*1441.4.16/下総 結城城が陥落し、結城氏朝らが討ち死にする。(結城合戦終息)

*1441.6.24/京都 赤松満祐(69)邸での結城合戦祝勝の宴で、将軍義教(48)が満祐の子らに暗殺される。満祐父子は領国播磨に逃亡する。(嘉吉の乱

*1441.9.10/播磨 赤松満祐が、山名持豊(宗全)らの追討軍に攻められ自刃する。

*1443.9.23/京都・近江 南朝の遺臣らが代理に乱入、神璽を奪い根本中堂に立て篭もるも鎮圧される。神璽は吉野山中に持ち去られる。(禁闕の変

f:id:naniuji:20190728183115j:plain
 実権を握っていた足利義持が後継指名せずに亡くなると、義持の4人の弟からくじ引きで選ぶことになり、出家していた足利義教(義円)が、天台座主から還俗して8代将軍将軍に就任した。将軍に就任した義教は、失墜した幕府権威の復興と将軍親政の復活を目指し、父義満の時代を手本とした。

 義教は有力守護に依存していた軍事政策を改め、将軍直轄の軍事力を強化しようとした。まず、将軍家に反抗し続ける鎌倉公方足利持氏の討伐を試みるが、関東管領上杉氏の仲介で一旦は断念する。

f:id:naniuji:20190728183248j:plain

 それまで持氏を諌めていた関東管領上杉憲実が、逆に疎まれて領国の上野に逃亡し、持氏が討伐を始めた。義教はこれを好機と見て憲実と結び、1439(永享11)年、持氏一族を滅ぼした。これで、鎌倉公方の問題は一旦終息する(永享の乱)。

  さらに義教は、斯波氏、畠山氏、山名氏、京極氏、富樫氏、今川氏など有力守護大名家督継承などに積極的に干渉し、将軍の支配力を強めるとともに、反発する守護大名は誅殺するなど、強権的に支配していった。

f:id:naniuji:20190728183436j:plain
 これらの過酷な処置は、義教の守護抑制政策の一環ではあったか、義教は個人的にも苛烈な側面を持ち、些細なことで従者たちを処罰するなど、「万人恐怖」と評せられるほど恐れられた。

 赤松満祐は、侍所別当として正長の土一揆の鎮圧に当たっていたが、本拠の播磨で播磨の土一揆が起こり、急遽播磨に下向して鎮圧した。義教とは当初良好な関係であったが、やがて義教は有力大名を誅殺しだすと、満祐も将軍に討たれるという危機を感じ出した。

f:id:naniuji:20190728183324j:plain

 1441(嘉吉1)年6月24日、満祐の子の教康は、結城合戦の祝勝の宴として西洞院二条にある邸へ義教を招いた。猿楽を観賞中に、突如甲冑を着た武者たちが乱入し、義教(48)は首をはねられた。強権的であった将軍が殺害され、指揮系統が混乱したため、赤松満祐・教康父子は、討手を差し向けられることもなく播磨に帰国する(嘉吉の乱)。

 やっと二ヶ月半後、山名持豊(宗全)らに追討されて満祐父子は死亡し、赤松氏は滅亡する。将軍義教の後は子の義勝が継ぐが、義勝も程なく病没し、その弟の義政が継ぐことになった。

  

◎第8代将軍足利義政と幕府の混迷

*1449.4.29/ 足利義政が、第8代将軍に就く。

 *1449.9.9/相模 足利持氏の遺児足利成氏(12)が、鎌倉公方に就任し、上杉憲実は鎌倉を出る。

*1450.4.21/相模 上杉方勢力と足利成氏(13)勢とが抗争を繰り返し、上杉憲実の子憲忠が横死するなど、再び鎌倉は騒乱に戻る。

*1452.11.16/ 細川勝元管領に復帰する。

*1454.4.3/ 畠山家で義就と義政の家督争いが発生し、細川勝元山名持豊なども介入し、内紛は複雑化する。

*1460.9.20/ 畠山義就が、将軍義政と対立し河内に走る。畠山家の内紛は周囲を巻き込み、やがて応仁の乱の原因となる。

f:id:naniuji:20190801224602j:plain

 1441(嘉吉1)年、父足利義教が「嘉吉の乱」で赤松満祐に暗殺された後、兄の義勝が7代将軍として継いだが、1443(嘉吉3)年に義勝も早世し、足利義政管領畠山持国などの後見を得て、8歳で将軍職に選出、元服した1449(文安6)年4月に正式に第8代将軍として就任した。

 就任当初は若年将軍のため、乳母の今参局、育ての親とも言える烏丸資任、将軍側近の有馬持家や、母日野重子正室日野富子の実家の日野家、有力な守護大名などが政治に介入して、政治を主導できなかった。

 

 1450(宝徳2)年には、鎌倉公方足利成氏と、関東管領上杉憲忠の対立が生じ、1455(享徳4)年、足利成氏上杉憲忠を謀殺するに至った(享徳の乱)。足利義政は成氏追討令を発して積極的な介入を行ったが、鎌倉公方関東管領の対立は、関東の守護同士の争いも加わり、京都の室町将軍の手を下せない混乱状態になる。

 f:id:naniuji:20190801224646j:plain

 当時の守護大名家督相続に関する内紛が多く、義政はこれらの相続争いにも積極的に介入した。そして1454(享徳3)年、管領畠山氏のお家騒動が起こり、山名宗全細川勝元の庇護を受けた畠山政久が、伯父の持国とその子畠山義就を京都から追い落とした。

 将軍義政は義就を支持、細川勝元山名宗全がひるむ間に、義就は上洛、義政と対面して家督相続を認められ、政久は没落する。義政の義就支持は、細川氏・山名氏に対抗するためだったとされる。しかし畠山義就は将軍義政と対立し始め、細川勝元山名宗全の意向も働き、1460(長禄4)年に義就は家督を奪われ、河内から吉野へと逃れる。

 f:id:naniuji:20190801224710j:plain

 足利義政守護大名らの紛争に積極的に介入し、将軍職の権威を高めようとしたが、側近や細川勝元山名宗全の有力大名が、それぞれの思惑で動くため、思うに任せない状態で、次第に政務に意欲を失っていった。

 義政には29歳になっても正室や側室との間に後継男子がなく、それを理由に将軍職を実弟に譲って隠居することとし、実弟の義尋を還俗させて、細川勝元を後見に「足利義視」として次期将軍に決定した。

f:id:naniuji:20190801224747j:plain

 ところが、1465(寛正6)年に正妻日野富子男児(後の足利義尚)が誕生する。富子は義尚の将軍後継を望み、山名宗全に協力を頼んだ。この足利将軍家家督継承問題に際し、義政はどちらにも将軍職を譲らず、優柔不断な態度のまま、政務から目を背けて、豪勢な邸宅・庭園の造営に打ち込み、猿楽や酒宴に溺れていった。

 この将軍家の家督継承問題は、義視の後見人である勝元と義尚を推す宗全の対立に発展し、管領畠山氏の家督争いとも重なり合い、全国の守護大名を2分する事態となり、応仁の乱へとなだれ込んでゆく。

 

 (この時期の出来事)

*1457.5.15/蝦夷 蝦夷地でアイヌコシャマインが蜂起、武田信弘によって鎮圧される。

*1457.-.-/京都 蓮如本願寺第8代法主となる。